VOL.6 2006/12/13 22:02 by 「ふくナビ」のトリビア []

第3回 意外な共通点、イッセイミヤケとアバクロ

(C)Abercrombie & Fitch アバクロのダメージジーンズです。今回はアバクロも関わってきますよ!
(C)ISSEY MIYAKE 深澤直人氏デザインの、TRAPEZOID(トラペゾイド)。台形と言う意味です。
(C)ISSEY MIYAKE 横からのTRAPEZOID

先日ISSEY MIYAKEブランドから、デザイン携帯や家電ブランド『±0』を手がけたデザイナー、深澤直人氏がTRAPEZOIDというシリーズを発表しました。これは、その名の通りシルエットが『台形』の時計なんです。

派手な色とメカテイストを残して、ファッションとモータースポーツを掛け合わせた雰囲気が魅力だと氏は語ります。

ISSEY MIYAKEの新進的でシックなデザインと非常に良くマッチしていると思います。

ところでこのISSEY MIYAKEと、一見かけ離れたアメリカンカジュアルの雄、アバクロ(Abercrombie & Fitch)に意外な共通点を発見してしまいました。かなりファッションを掘り下げますが、皆様準備はよろしいでしょうか?

それでは今回のトリビアどうぞ!


















クラシックでユーロピアンなカジュアルISSEY MIYAKEと、ラフなアメリカンカジュアルのアバクロ。



















その意外な共通点とは、、、



















商品の『アレンジ力(りょく)』なんです!!










どう言う事か、ご説明いたします。
ISSEY MIYAKEもアバクロも、『SPA』と呼ばれる企画から製造販売までを一貫した仕組みをとっています。その中で特徴的なのが、在庫を残さないために、衣類に使用する生地の種類を限りなく少なくして、アレンジで商品のバラエティを増やすと言う事なんです。

ISSEY MIYAKEでいうと、プリーツ(しわ加工、ひだ加工)で商品に違いをつけたり、裁縫や裁断の仕方をアレンジして商品ラインの幅を広げます。

一方アバクロは、ダメージ加工を用いてデニム生地の風合いを商品ごとに細かく変えています。

アバクロは全てのデニムをたった32種類の生地から作り出しているそうです。
アレンジ力でここまで商品の幅を広げるなんて、やっぱりすごいブランドですね。両方とも。

また次回!

Facebookコメント